難波英史(鮨職人)のwikiプロフと経歴は?鮨店予約情報〔情熱大陸出演〕

テレビ
鮨職人・難波英史

東京に今年のコロナ禍にも拘わらず予約を取るのに9か月待ちという超人気の鮨店がある。

店主の難波英史氏は超一流の鮨職人でもあり、徹底した温度管理の手法によって高級鮨の価格を維持しているが、予約人気はいっこうに衰えず逆に増え続けている。

11月8日(日)TBSの「情熱大陸」に難波英史が出演し、飽くなき向上心で至高の鮨を目指す“すしオタク”の生き様を特集する。

難波英史(鮨職人)が「情熱大陸」出演

11月8日(日) TBSの「情熱大陸」の出演者は鮨職人であり店主でもある難波英史氏だ。

町の鮨屋を転々としながら誰にも負けない知識を身につけていったその生き方の原点とすし一貫一貫に最適温度を導き出し「味・香り・食感」すべてが最高の状態にこだわるその姿勢に密着して取材が行われる。

現場の仕事場と自ら鮨を握る仕事風景も臨場感たっぷりに描かれる楽しみがある。

難波英史(鮨職人)のwikiプロフと経歴は?

難波英史(鮨職人)のwikiプロフと経歴

『鮨なんば』店主難波英史なんばひでふみ

1974年生まれ 東京都杉並区出身

20歳より鮨職人を志し、都内のすし店数軒で修業(有名店ではなく、複数の一般鮨店による修行であった)

2007年、32歳で独立し、東京・荻窪に「鮨なんば」を開店。

2011年に東京・阿佐ヶ谷に移転、予約困難店となる。“味は銀座、値段は中央線”と言われるほどコスパの良い店として知られ、1年先まで予約が埋まる超人気店になった。

2018年、東京ミッドタウン日比谷に移転。徹底した温度管理を新たに導入、以前にも増して人気・注目が集まっている。

平日の帰宅は深夜、週末も営業のため、3人の子供たちと満足に遊べないのが悩みの種。趣味は、渓流釣り。

難波英史(鮨職人)の生き方とこだわり

難波英史氏は「鮨には魔力がある」と語る、“すしオタク”である。

普通、一流の職人になりいずれはシェフ兼オーナーとして自分の店をもつという夢をもつなら、所謂「有名店」での修行が貴重な経験となり、自身のアピールの減産にもなる履歴になるものだが、彼は町の鮨屋を転々として情報を人一倍集める道を選んだ。

知識だけは誰にも負けまいとしてあらゆる資料をかき集め、納得できるまで試行錯誤を繰り返した。

難波英史氏の最大のこだわりは「ネタに合う最良の温度で握りを出す」こと。

そのために、ひとつひとつのネタとシャリの温度を1℃単位で徹底的にこだわり究極の一貫を目指している。

難波英史(鮨職人)の鮨店予約情報

店名 鮨 なんば 日比谷
予約・
お問い合わせ
03-6273-3334
予約可否 完全予約制
住所 東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F

 大きな地図を見る 周辺のお店を探す

交通手段 日比谷駅から144m
営業時間・
定休日

営業時間

日曜営業

定休日

月曜日・第1火曜日

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

予算(口コミ集計) 30,000~¥39,999 30,000~¥39,999

予算分布を見る

支払い方法 カード可

予約は9か月待ちという超人気の予約困難店であるが、「おまかせ」という予約を請け負うサイトもある。
https://omakase.in/ja/r/nm181004

まとめ

予約が9か月待ちという驚異の超人気店の店主であり鮨職人の生き様に焦点を当てたTBSのドキュメンタリー番組「情熱大陸」に難波英史氏が出演する。

難波英史氏のwikiプロフと経歴をまとめ、鮨店の店舗情報と予約を摂るための丈夫を掲載した。

タイトルとURLをコピーしました