イブリゲス高校生ユーチューバーの強みとは?おすすめ動画も紹介!

エンタメ
イブリゲス

中学生・高校生のなりたい職業NO1にYoutuberが顔を出す時代、Youtuberデビュ-する平均年齢も下がってきている。

中でも個性と特徴のある面白い動画を連続して公開している現役高校生Youtuberとしてイブリゲスをとりあげ、イブリゲスのおすすめ動画も紹介してみた。

イブリゲスが高校生ユーチューバーである強みとは?

Youtuberはなぜ憧れの職業なのか?

まずは、独創性をもって、クリエイティブな仕事をしたいと思っている若者のニーズに応えてくれそうな職業がYoutuberではないだろうか?

それはなぜかと言うと、日常のルーティンとして行う作業が動画の編集・公開で、ネタ選定やテーマの編集まで、自分の趣向や考え方を生かした仕事が中心になることから、「自由度が高い」イメージがあるのではないかと思う。

勤務形態もサラリーマン的な縛りがなくて、フレッキシブルだと思われているのではないか?

さらに、華やかな脚光を浴びるのは極めて一握りであるにも拘わらず、自分でも努力して取り組めば目が出そうな敷居の低い親近感が「ユーチューブ成功者たち」の中に感じられるのではないか?

例えば、高校球児のうちのほんの一握りしかなれないプロ野球選手のような高い垣根・ハードルは感じられず、その辺のどこにでもいそうな身近な人物から成功者が出ているイメージがあるのではないか?

イブリゲスが高校生ユーチューバーである強み

イブリゲスは現役の高校生で、学校に行きながらYoutuberとして動画を編集・公開する毎日を送っている。

どのような主義や考え方でやっているかが分かるコメントが公式ページにのっているが、「やりたいことを動画にするだけ」であり、「不定期投稿する」と言っている。

つまり、動画作りにあたっての「縛り」がないし、作業時間も自分の都合で選んでいて、フレッキシブルであって「拘束時間」という概念がみられない。

これが現役高校生の強みで、社会人としてプロのYoutuberとしてのプ列車-を感じることなく自分のやりたいことをやれる環境に恵まれているのではないか?

また、もう一つの強みとして、Youtubeチャンネル登録者のおそらくは大多数を構成する中学生・高校生の感性や趣向にフィットする斬新な編集を行うセンスがあるのだ。

少なくとも、30代・40代の「おじさん」「おばさん」が編集する動画よりは若年層にフィットする同年代の強みがあるはずである。

日常の中で、どんなことに興味をもち、どんなことに「喜怒哀楽」の感情が芽生えるか、どんなことに感動するかの感性を圧倒的に共有しやすいのは同年代である高校生だろう。

イブリゲスのおすすめ動画

イブリゲスの動画の特徴と魅力は?

イブリゲスの動画の編集方針はいたって自由度が高く、「やりたいことを動画にするだけ」であり、「不定期投稿するだけ」である。

オールジャンルと言っていて中味は何でもありなのだが、イブリゲスの動画には一定の特徴と傾向が見られる。

1つ目は「検証系」で何かを確かめるために検証してみる、そのことを新鮮なネタにしている。

2つ目は「やってみた系」で、何かをやってみたという対象の話題性と面白さである。

3つ目は「雑談系」で、日常のありふれた場面からとりあげて面白い「瞬間」を切り取って
持ってくる能力にたけていて、トラブル・喧嘩・対立ネタを上手く取り込んで興味をひいている。

イブリゲスのおすすめ動画

1つ目の「検証系」としてはこんな動画がある。

「オフ会前の女性Tik Tokerのすっぴんは、いくら出したら見せてくれるの? 実際にお金払って検証してみた。」というタイトルになっている。

2つめの「やってみた系」の動画がこちらである。

そして3つ目の「雑談系」も奇抜で面白いものが多い。

イブリゲスについてのTwitter投稿から

イブリゲスについてのまとめ

Youtuberはいまや中学生・高校生の憧れの職業となっているが、イブリゲスが現役に高校生Youtuberであることの強みを考えてみた。

また、イブリゲスの動画の特徴や種類、おすすめの動画の紹介も行った。

タイトルとURLをコピーしました