別所由加のプロフと結婚歴は?5年待ち!ランプ職人の経歴が凄い!

テレビ
別所由加

別所由加さんは知さな町工場のランプ職人ですが、別所さんの作品のハリケーンランプは大量生産がきかず5年待ちの人気となっている。

別所由加さんのプロフと気になる結婚歴についてとりあげ、元々の音楽志望から会社の5代目として事業を継承してきた経歴の凄さにもふれてみた。

別所由加のプロフと結婚歴は?

別所由加さんのプロフ

別所由加さんは1988年生まれ(31歳) 大阪府出身

実家はランプ製造を営む町工場で別所由加さんの曽祖父が創業者であり、日本で初めてハリケーランプの製造を始めたランプ職人だった。

別所由加さんは中学から高校・大学まで音楽(ドラム)にずっと打ち込んでいた。

高校時代は100人以上の軽音部を率いて、その厳しさから「伝説の部長」と崇められた。

大阪芸術大学で音楽を学んでいたが中退し、ランプ職人の道に転じた。

別所由加の結婚歴は?

別所由加さんはプライベートではアウトドアに興味はなく趣味は映画鑑賞という超インドア派

アウトドアでキャンプの夜には欠かせないハリケーンランプを手作りする職人の意外な一面だ。

別所由加さんは公式ページやFacebook、TwitterなどのSNSも使っているので、ネット上の情報も調べてみたが、これまでの結婚歴や彼氏とのおつきあいにつながる情報は見つからなかった。

現在、31歳で独身だと思われるが、正確な情報が分かったら追記していきたい。

5年待ち!別所由加のランプ職人としてのの経歴が凄い!

9月13日(日)情熱大陸(TBS)で別所由加特集


9月13日(日)23:00〜TBSのドキュメンタリー番組「情熱大陸」で ランプ職人別所由加さんの特集がある。

いま空前のアウトドアブームで、キャンプの夜には欠かせないハリケーンランプを作る日本では珍しい女性職人として紹介される。

創業者は曽祖父で日本で初めてハリケーンランプを作った創業者だ。

別所由加さんは会社の5代目を継承しているが、職人は自分ひとりだけ。

しかも、製造行程に手間がかかるため大量生産がきかないこともあって、別所由加さんのハリケーンランプは5年待ちの人気となっている。

別所由加さんのランプ職人としての経歴

別所由加さんが、大学を中退したのは家業を引き継ぐためだった。

創業者の代から紆余曲折を経験し、由加さんが小6のとき一度は倒産しているのだ。

対象13年に創業された会社は株式会社WINGED WHEEL と名前が改まり、別所由加さんは代表取締役を務めている。

曽祖父の会社を5代目として受け継いでいる。

「自分のが一番カッコいい」と自画自賛するランプは、1世紀変わらぬ伝統を守りながら、現代のインテリアにも馴染む。ステイホームの癒しアイテムとしても評判を呼び、注文は日に日に増え続けている。

しかし、完成までに300もの行程を経るため、2〜3ヶ月に50個のランプしか作れないという。

大学を中退してランプ職人として生きる道を選んだのは別所由加さんが20歳のときだった。

家族の特に母の大反対を押し切ってまで家業を継いだのは、好きな音楽の道よりも「優先度」が高い、ランプ作りの灯火を消したくないという想いからだった。

職人は自分ひとりしかいなかったからである。

職人として11年、予約待ちのハリケーンランプ作りを手掛ける一方新作品の研究にも余念がない。

「世の中が大変な時こそ、見る人の癒しになる灯りを作りたい」と語る職人魂の持ち主である。

まとめ

別所由加さんはキャンプの夜に欠かせないハリケーンランプ作りを行う稀有なランプ職人である。

5年待ちと言われる人気のハリケーンランプを作る職人としてのプロフ、気になる結婚歴、ランプ職人としての経歴の凄さをまとめた。

タイトルとURLをコピーしました