小野里寧晃のwiki経歴は?バニッシュ・スタンダードの売れる仕組みは?

テレビ
小野里寧晃

10月1日(木)テレビ東京のドキュメンタリー番組「カンブリア宮殿」にバニッシュ・スタンダード 社長の小野里寧晃が出演する。「次世代ビジネスの挑戦者たち」というテーマで連続して放送されるなか、小野里寧晃が創り上げた売れる仕組みが注目される。

小野里寧晃のwiki経歴と合わせて確認したい。

小野里寧晃のwiki経歴は?

小野里寧晃(おのざと やすあき)はバニッシュ・スタンダード 代表取締役

大手Websei制作会社に長年勤務し、事業部長までつとめた。

2011年にバニッシュ・スタンダード設立

「STAFF START」という新サービスを立ち上げ、「リアル店舗を元気にするEC」を目指す。

リリース3年で700を超えるブランドに導入され、年間流通額は288億円を達成。

バニッシュ・スタンダードの売れる仕組みは?

実店舗の販売員のオムニチャネル化を進めるサービス「STAFF START(スタッフスタート)」を立ち上げることによって、販売員と消費者をアプリでつなぎ、販売員がコーディネート投稿などを通じデジタル上で接客することを可能にする。

同時に、デジタル上の売り上げを可視化し、個人や店舗の評価につなげるなど、新しい評価のあり方を提案する次世代オムニチャネルツールがSTAFF START(スタッフスタート)だ。

今後は販売員の提案、接客がカギとなるあらゆる業界への展開を予定している。

STAFF STARTは販売員と顧客を繋ぎ合わせることにより、店舗とECを融合させることができるオムニチャネルのサービスで、これにより差別化ができているため、生きがいを感じた従業員と満足度の高い顧客が、ライバルレスでまだまだ会社を大きくしてくれそうである。

まとめ

ドキュメンタリー番組「カンブリア宮殿」は「次世代ビジネスの挑戦者たち」というタイトルで連続して放送しており、10月1日はバニッシュ・スタンダード 社長の小野里寧晃が出演し、売れる仕組みを披露する。

バニッシュ・スタンダードのノウハウについて、小野里寧晃のwiki経歴についてまとめた。

タイトルとURLをコピーしました