二階俊博の凄さとは?幹事長が首相よりも力があるのはなぜか?

政治・経済
二階俊博幹事長

昨年の菅政権誕生以来、二階俊博氏の目に見えない力が話題にのぼることが多くなってきた。

党務全般を管理し、党の人事や財政についても大きな権限をもっているから自民党幹事長のポストにパワーがあるのは当然だ。

そうした「表の顔」の他に、目には見えない「裏の顔」としての「二階俊博氏の凄さ」についてとりあげ、幹事長でありながら首相よりも力があるといわれる、そのパワーの源泉にもふれてみた。

二階俊博の凄さとは?

二階俊博が作った菅首相誕生の流れ

 

昨年8月、安倍首相が持病の潰瘍性大腸炎による体調悪化を理由に首相の辞任を表明して以来、菅氏、石破氏、岸田氏といった次期首相の候補者が話題に上り、総裁選になればだれが有利かという議論が活発化していった。

候補者が複数いるなかで次期首相は菅さんの流れを作ったのは二階氏であるという。

二階氏には独特の嗅覚があり、政治勘に優れているところがある。菅氏の出馬表明前に二階派として菅支持を打ち出したのだ。

二階派議員全体のコンセンサスを得て署名を集め、総裁選前にして「次期首相は菅」の流れを作り出したのである。

二階氏の素早い対応により、「安倍の次は菅」の流れを見事に既成事実化することに成功した。

菅首相にとっては自身が首相になるおぜん立てをしてくれた人物として、二階氏を幹事長ポストから外す選択肢はなくなり、また首相になってからも二階氏の意向を無視した政策決定はありえなくなってしまった。

このように二階氏は「令和のキングメーカー」とも呼ばれるようになり、首相の人選をも左右する実力者にいつしか上り詰めていたことになる。

二階幹事長と二階派は「数は力」を体現

気がつけば二階派は岸田派を抜いて党内第4派閥までのし上がっていた。

二階氏はマメに所属議員の面倒をみるという評判を裏切らない政治家として知られ、その人心を掌握する手法はかつての田中角栄を彷彿させる。

派閥に入ればかつての外様議員でもポストがもらえるという期待感から多くの議員と信頼関係を構築し、人を集めてきた。

例えば菅政権の人事でも外様議員の人事が目立つ。旧民主党からの移籍組 鷲尾英一郎は外務副大臣のポストについた。

同じく外様出身の山口壮(つよし)議員は筆頭副幹事長となった。

二階幹事長と二階派はかつての田中角栄のような「数は力」を体現している。

二階幹事長が首相よりも力があるのはなぜか?

自民党幹事長というポスト

幹事長は党務全般を管理して自民党なら自民党の人事・財政を仕切っていくポストである。

ヒトとカネの重要な政策判断に密接に関与するポストとなり、党内の実に色々なことを切り盛りしていくことでパワーを保っていく役職になる。

カネの面で考えると、自民党内の各派閥の収入を比較すると断然二階派がトップとなる。

また、二階氏が自民党本部から受けとった政策活動費は10億1000万円で、自民党の政策活動費全体のじつに78%を占めている。

ヒトの面では幹事長がもっている大きな権限の1つとして「公認権」がある。

「公認権」とは、選挙のときの候補者を「党が公式に認めた候補者」として公認する権利のことである。

公認する側の最高権力者が幹事長であり、選挙が終わるまで細かく面倒をみることで、選挙が終わってからも感謝され党内で仲間を増やすことができる。

こうして、次の党のリーダーを選ぶ選挙でも有利になれるという点でオイシイポストとも言われる。

二階幹事長は首相よりも力があるのか?

菅首相は新型コロナ感染者拡大を封じ込める対策で後手に回ったと批判されることが多い。

それは菅首相にとって自身の政策的判断よりも政権の後ろ盾となっている二階幹事長への忖度のほうが優先度が高いためだといわれている。

二階幹事長は全国旅行業協会の会長をつとめている。

政府が補助金を駆使して観光業界をバックアップしていく政策である「GO TO トラベル」事業を観光業界を代表して進めてきた。

二階氏が後ろ盾となっている観光支援事業を首相が推進しないわけにはいかない。

昨年の12月14日に菅首相がコロナ感染拡大を重く見て年末年始のトラベル事業一世停止を決定したときも、「余計なことしやがって!」という二階派の議員の声があがった。

まるで首相は二階幹事長に忖度してから決定するのが当然という「暗黙の掟」を世間に知らしめたかのようだった。

また、記憶に新しいのは東京銀座の高級ステーキ店で二階幹事長が忘年会を主催したときに菅首相も呼ばれた。

結果は、政府として国民に自粛を呼び掛けている5人以上の「大人数の会食」だったことで、参加した菅首相は国会でたたかれ、国民からは批判にさらされた。

菅首相の後からの釈明によると挨拶だけで済ませる予定だったのに引き止められた、という。

そのエピソードを聞いても菅首相が頭が上がらない人物こそ二階俊博幹事長だという事実が浮かび上がってくる。

これからも、二階氏の意志を忖度してから政策決定していく流れは変わることはなく、菅政権よりも菅・二階政権だとまで言われている。

・二階政権」がいつしか「二階・菅政権」として、菅首相の自由意志がますます効かなくなりレイムダック政権に堕する危険性をはらんでいる。

二階幹事長のパワーについて(まとめ)

菅政権誕生の流れを作った政治勘と政治的手法の観点から二階俊博氏の凄さについてとりあげた。

また、人事と財政を掌握し、首相に忖度されるようなパワーをもつ人物としての二階幹事長の本当の姿を明らかにした。

タイトルとURLをコピーしました