井本彩花は韓国とのハーフで双子?生い立ちを調査!国民的美少女は大食い?

テレビ
井本彩花

女優の井本彩花さんの大河ドラマ「麒麟がくる」出演が決定して俄然注目されています。

井本彩花さんには韓国とのハーフで双子なのかといううわさがありますので、生い立ちや家族構成にもふれながら真相を追っていきたいと思います。

また、国民的美少女コンテストでグランプリの美貌にはイメージが合わない「大食い」といううわさがありますが、これも真相をまとめていきます。

井本彩花は韓国とのハーフで双子?

井本彩花のプロフィール

女優でファッションモデルの井本彩花さんのプロフィールをみていきます。

2003(平成15)年10月23日生まれ(17歳)

京都府京都市出身

身長163㎝ 血液型はA型です。

京都市立洛南中学校を卒業した後、本多恵子バレエ学園に通った。小1からクラシックバレエに親しみ、小5のとき、大会で京都市長賞を受賞しています。

高校は上京して東京の高校だったことが分かっていますが学校名は不明です。目黒の日本大学高校芸能コースというのが1つの有力な説になっています。

2017年に国民的美少女コンテストのグランプリに選ばれたときから芸能活動がスタートです。

もともと「バレエにしか興味がなかった」が、芸能界入りのきっかけは同じ事務所所属の先輩、武井咲だったと本人が言っています。

「小学4年生くらいのときにたまたまテレビで見て、こんなきれいな女性になりたいと思った」とコメントしています。

現在、女優としてはテレビドラマ中心に活躍していて「麒麟がくる」「さくらの親子丼」に出演中。
「麒麟がくる」では戦国一の美女お市の方を演じて話題になっています。

井本彩花は韓国とのハーフ?

井本彩花さんが韓国とのハーフではないかといううわさはデビュー当時からありました。

しかし、出身は京都府京都市で中学校も京都市内で過ごしていて、高校は上京して東京の学校に通っているところまでは分かっています。

海外移住や韓国との接点を想定させる情報は公開されているプロフィールから出てきませんので、おそらく韓国とのハーフという情報は間違っています。

外見からハーフに見えるという人もいますが、それにしてもなぜ韓国とのハーフなのかはっきりした根拠はないようです。

国民的美少女コンテストでグランプリをとってから4か月後に「ドクターX]で初ドラマを経験しています。

このときのセリフが棒読みで日本語ネイティブと違うように聞こえたことも「ハーフ」と言われた原因だったかもしれません。

また、ドラマ「女子高生の無駄づかい」で演じたマジョが双子姉妹の姉だったために混同されて双子扱いされたかもしれません。

しかし、井本彩花さんは弟がいるだけで双子の姉妹はいません。

井本彩花の生い立ちは?

井本彩花さんの家族構成ははっきりしません。

それも両親についての情報が公開されていないからですが、京都市出身で日本生まれ日本育ちは間違いないところでしょう。

小さい頃からクラシックバレーを習っていて、特技のレベルまで達していますが、幼い頃からのお母さんの影響が公開された情報から垣間見えます。

お父さんについてはほとんど1つも情報がありませんが、お父さん、お母さん、本人、弟という4人の家族構成だった可能性が高いです。

井本彩花は大食いの国民的美少女?

井本彩花は国民的美少女

井本彩花さんはNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」で織田信長の妹 お市の方を演じています。

国民的美少女の抜擢で大いに注目されています。

井本彩花はスレンダー美女で大食い

井本彩花さんの不思議なことの1つはスレンダー美女なのに大食いだということです。

レギュラー番組の「オスカル!はなきんリサーチ」では自身の大食いの限界に挑戦するつもりで、親子丼2.2キロ分完食したという記録の持ち主です。

最近ハマッていることの1つはYoutubeで大食いの動画を見ることだとも言っていることから、大食いは自らが明かしている事実に違いありません。

それにしても最近はモデルでスタイル抜群なのに大食いをアピールする女子が増えてきています。

井本彩花さんの大食いもトレンディな自己アピールなのかもしれません。

まとめ

NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」に出演が決まった井本彩花さんは国民的美少女コンテストでグランプリを獲得したスレンダー美女です。

外見とは裏腹に大食いのうわさがありますが、大食いは本人も認める事実であること、さらに井本彩花さんは韓国とのハーフで双子ではないかといううわさの信ぴょう性についてまとめています。

生い立ちや家族構成まで考えてこの疑問に答えています。

タイトルとURLをコピーしました