伊勢谷友介の経歴が凄い!生い立ちや学歴等のプロフィールも調査!

エンタメ
伊勢谷友介

俳優の伊勢谷友介が東京都内の自宅で大麻を所持していたとして警察に逮捕されるというショッキングなニュースが飛びこんできた。

伊勢谷友介は俳優だけでなくいくつかの肩書きをもつマルチタレントで、華麗なる経歴と気になる生い立ちや学歴等のプロフィールをまとめてみた。

伊勢谷友介の生い立ちや学歴等のプロフィール

伊勢谷友介のプロフィール

伊勢谷友介は、俳優、映画監督、実業家としての顔をもつマルチタレントである。

1976年5月29日生まれ(44歳)

東京都目黒区出身

身長179㎝ 血液型A型

趣味はラジコン、バイク、モトクロス

特技は英会話、12歳から英語教室に通い、大学4年のときアメリカのニューヨーク大学に短期留学した経験をもつ。

英語力を活かした演技が高い評価を受けている。

また、運動神経抜群で学生時代は水泳のインストラクターをやっていた。

伊勢谷友介の生い立ちと学歴

伊勢谷友介は生まれたときは東京都目黒区が出生地だった。

父親53歳、母親40歳のときの子で、妹が一人いた。

父親は洋服の仕立て屋(リテ-ラ-)だったが、ほとんど面識がなく離れて幼少期を暮らしていた。

母親は教師をしており、「私はあなた達には学歴しか残すことはできない」という言葉を残し、教育熱心だった。

友介が3歳のときに両親が離婚し、妹とともに母親の実家がある北海道函館市に引っ越した。

五稜郭のすぐ近くだった。

父親は「恋多き人」で女性関係が派手だった。異母兄にはデザイナーの山本寛斎がいるが、30歳の年齢差があって面識はない。

また、女優の山本未來は2歳年上だが姪にあたる。

小学校は函館市立千代田小学校に通ったが中学校は不明

日本大学豊山高等学校から日本芸術大学美術学部デザイン学科に進み、さらに同大大学院美術研究科修士課程を終了している。

伊勢谷友介の経歴が凄い!

ファッションモデルから俳優・映画監督へ

伊勢谷友介は子供の頃から絵を描くことが得意で東京芸術大学に現役合格している。

普通は三浪~四浪して入るのが当たり前のため、同級生はほとんど年上だったという。

当初はデザインの道に進むつもりだったが、在学中に映像についても学んだことが将来の進路を大きく変えることになった。

在学中1996年モデルを開始しており、CM、雑誌に出演した。

ファッションブランド「プラダ」のミラノコレクションにも参加している。

初めはファッションモデルとしてデビューするが、その後、俳優をメインとするようになる。

1997年東京芸大のメンバー3人で結成したアーティストグループ「カクト」の活動を開始し、グラフィック、立体、映像、インスタレーションといった多岐にわたる活動を行うアートチームだ。

カクトエンターテインメントという芸能事務所も後に設立している。

俳優・映画監督・事業家

1998年「ワンダフルライフ」で映画初出演する。

2002年初監督作品「カクト」が劇場公開された。

2008年株式会社リバースプロジェクトを設立し、衣食住をはじめ、水・エネルギー・教育・メディアといった分野の社会活動を行うようになった。

リバースプロジェクトの活動により、人間がこれまでもたらした環境や社会への影響を見つめ直し、新しいビジネスを通して未来社会を提案した。

2009年NHKスペシャルドラマ「白州次郎」でテレビドラマ初出演

2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」で高杉晋作を演じた。

2011年東日本大震災があった年、復興支援活動を行った。

2017年「監獄のお姫様」で民放の連ドラ初出演

2020年9月 大麻所持の容疑で逮捕されるまでは、かくも華麗な経歴だった。

まとめ

俳優の伊勢谷友介が大麻取締法違反容疑で逮捕されたニュースはショッキングな出来事であった。

モデル、俳優、映画監督、事業家といくつかの顔をもつ伊勢谷友介の経歴を確認し、気になる生い立ちや学歴といったプロフィールをまとめてみた。

タイトルとURLをコピーしました