水卜麻美はなぜ大食いキャラになった?最近減量の理由がまた凄い!

テレビ
水卜麻美アナ

日テレの水卜麻美アナが8月18日(火)の火曜サプライズに出演して、丼爆食を披露する予定。

かねてから話題になっていた水卜麻美アナはなぜ大食いキャラになったのか、また最近減量した理由はどういうことかといった気になるテーマをまとめてみた。

水卜麻美はなぜ大食いキャラになった?

水卜麻美アナのプロフィール

本名は水卜麻美(みうら あさみ)

生年月日は1987年4月10日で今年33歳

千葉県市川市出身

身長158㎝ 血液型はAB型

慶応義塾大学文学部英米文学専攻

「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン調査)では第10回(2013年)〜第14回(2014年)まで5年連続1位に選ばれている。

水卜麻美アナはなぜ大食いキャラになった?

レギュラー番組だった「ヒルナンデス」に出始めた頃から大食いという評価だった水卜麻美アナだが、同番組のMCは水卜麻美アナのことを「すごい努力かで、はじめての食リポのときから、分からないことをそのままにしない」とフォロ-した。

つまり、大食いは仕事に対する入れ込みや熱意と密接なつながりがあることになる。

また、「普通の人と違って、口にものを入れた後でも喋れる」ようだ。

また、日テレの「1周囲って知らない話」では、「いつから大食いになったのか?」と聞かれ、「大食いということがばれたから」と答えた。

また、大食いになった理由を説明するなかで、「初期のヒルナンデスで食リポ中になかなか良いコメントが思いつかず、とにかくひたすら食べていたら大食いだと言われた・・・」ともコメントしている。

「入社したときからMAX7㎏太ったそうで、ダイエットしてはリバウンドを繰り返すライフスタイルと合わせて、大食いは仕事熱心と切り離しては考えられない。

水卜麻美の最近減量の理由がまた凄い!

水卜麻美アナは8月4日放送の日本テレビ「チのガヤがすみません!SP」(後9・00)にゲスト出演したときに、最近減量した理由にふれた。

痩せたことを指摘されたことに対し「これは、自粛期間中に人とご飯いけなくなっちゃったんで、それがすごく悲しくて」と前置き。

「会食に気兼ねなく行けるようになった時に全く我慢しないで食べたいと思って、今のうちに“太りしろ”を作っておこうと思って」と理由を説明した。

この考え方・コメントはスタジオの共感を呼んで、日テレ系の番組「スッキリ」のスタッフ極楽とんぼ・加藤浩次からは「太るための助走としてすごいな」と突っ込まれ、ヒロミからは「そのパターンいいよね、健康的でいいよ」と共感を得ていた。

まとめ

日テレの水卜麻美アナは8月18日の火曜サプライズに出演して、また「大食い女子」のイメージを増幅させる丼爆食に挑戦する。

ここでは、水卜麻美アナはなぜ大食いになったのかの理由をとりあげ、さらに8月の番組で述べた最近減量した理由についてもまとめてみた。

タイトルとURLをコピーしました