マット桑田、インスタ映えしすぎる風貌と将来の姿・仕事大胆予想

ニュース
マット

こんにちは ヒロです。

半年断り続けたテレビ出演を再開し、父真澄さんとのCM共同出演でも注目を集めているマット桑田さんにさらに広い興味と関心が集まっています。

ただでさえ整い過ぎて人間離れしているとみられているルックスは、それだけで様々な憶測と噂を呼んでいます。

肩書面でも、ミュージシャン、ブライダルモデル、タレントと様々なヴァリエーションをもつマット桑田さんは、実際のところ本職は何かについても関心が集まっています。

この記事では、これまで分かっているマット桑田の現状を描いた上で、今後さらに将来どうなっていくのか、その風貌や将来の姿・仕事まで大胆に予想してみました

スポーツ一家から出た異色のマネキンっぽいタレント

マット桑田の父は元プロ野球選手で巨人軍のエースとして活躍した桑田真澄さんです。

PL学院の同期、清原和博さんとともに巨人に在籍した知名度抜群の選手でした。

マット桑田は次男ですが、長男の兄は元プロ野球独立リーグの選手でしたし、叔父の桑田泉はプロゴルファ―という筋金入りのスポーツファミリー出身なのが面白い点です。

そのスポーツファミリーの中で一人だけ異色の生き方をしている人物がマット桑田です。

特に最近テレビやインスタグラムでみる、インパクトの強いマネキン然とした風貌は様々な憶測と噂を呼んでいて、メ-クし過ぎだとか、整形していて整形依存症に陥っているとも言われています。

顔写真を時系列で比較すると、高校時代はがっしりとした骨格と大きめの鼻が目立ちます。

もともとルックスは抜群で、身長181㎝、体重64㎏という均整のとれた、スリムな外見をしていて大学時代はブライダルモデルを務めたこともあるのです。

それが、25歳になった現在のテレビ写りやインスタグラムでアップされた風貌をみると、容姿が飛びぬけている上に、人工的に完璧すぎて怖いくらいのマネキンのようなビジュアルになっていることから、厚塗りメイクだとか、整形だとか、噂が飛び交うわけです。

とにかく、元プロ野球選手の骨太なイメージからかけ離れた外見になってしまって、スポーツ選手のファミリーから出た異端児のような違和感があって、それも世間の注目と関心を集めるポイントになっていることでしょう。

意外に目立つ父桑田真澄の遺伝子・DNAの継承

身長181㎝の長身とがっしりしたスポーツ選手のような体形を受け継いでいるのは、間違いなく父の遺伝子を受け継いでいますが、似ているところはそれだけではありません。

小学校の頃、父真澄さんの肘の手術後のリハビリのために弾き始めたピアノがきっかけで音楽に興味をもつようになり、ピアノやバイオリンを始めたというのも、父親譲りと考えられます。

真澄さんの現役時代の球種と配球のコントロールが自在にできた器用さは音楽にも通じるところがあって、性格的な繊細さと細かいところまで考えて技術に転嫁できる起用さは相通じるものがあるからです。

高校時代のマット桑田は、吹奏学部で部長まで務めたというリーダーシップも、現役引退後、指導者の道を歩んだ父真澄さんのキャラを受け継ぐものがあることでしょう。

性格がすごく良い奴でナイスガイという評価もマット桑田にはあって、テレビ出演等を通じて、はっきりと父真澄さんに対するリスペクトが見られます。

真澄さんは現役引退後、早稲田大学大学院修士課程に通って、スポーツ科学の修士になったことを指導者への道として生かしていますから、マット桑田にも必ず将来、父の感性やアドバイスに一目置いて自分の将来のあり方を決めていくはずです。

ソフトバンクの「ワイモバイル」の新CM「親子deダンス」編では親子で共演していて、「Matt,お前の道を行け」というコマーシャルの一幕がポピュラーになっていますが、母が社長を務めるLife is Art  という所属先でお互いコラボしながら将来の立ち位置を決めていくことでしょう。

マット桑田の将来の姿・仕事はどうなる?

まず外見のことを考えると、美容にしても整形にしても、理想の「美」を追究していくはずで、美への執着がエスカレートしていくという予想がある。

そうなると、美容整形費用に2億円以上かけたヴァニラさんの道を歩むことになり、医師が止めても身体や精神に変調をきたしても歯止めがきかない「美」を至上とする生き方になる。

しかし、現状のマット桑田を見る限り、その将来は予想し難い。

本人は整形していない、全てメイクだと主張しているし、美容のための費用も数十万円単位の支出しかしていない。

かつて、ブライダルモデルという清楚で上品なイメージを尊ぶ世界に身を置いた経験からも、自分のキャラをより生かす方向に向かうクレバーさがあるし、テレビやラジオの出演も選んでいることに対する批判的な意見もあるけれど、本人は自分のセルフブランディングにプラスになるかどうかではんだんしているので、これからもそのような戦略的な自分の活かし方を忘れない。

そして、Life is Art を通じて、父真澄さんのアドバイスや知恵も取り込みながら、10年たって容姿が変わっても、その時点で自分を最大限活かせるキャラや仕事を生み出していくことになるでしょう。

まとめ

マット桑田が最近テレビやインスタグラムで露出しているマネキンを思わせる、人間とは思えない人工的に完璧な風貌は、様々な憶測や噂を呼んでいます。

これからのありかたについても、自分の美への執着から、美容整形の歯止めが効かない美至上主義的な行き方になり、外見ももっと奇想天外になるという予想が存在します。

しかし、現在のマット桑田から考えると、5年後、10年後の容貌の変化に対応して、そのときの自分のセルフイメ-ジやセルフブランディングを最大にできる姿でテレビ出演等の仕事を選んで行うことが良そうできる。

父桑田真澄さんから受け継ぐ遺伝子や感性、またアドバイスも強いバックアップ要因になります。

タイトルとURLをコピーしました