大谷翔平二刀流復活の今季エンゼルス優勝のためにかかる期待

ニュース
大谷翔平

こんにちは ヒロです。

日本人メジャーリーガー大谷翔平は、今季トミー・ジョン手術後のリハビリを終えた直後のシーズンとして、その二刀流復活に注目が集まっています。

事実上打者一本で臨んだ昨季、新人王がまぐれでなかったことを証明する非凡な打撃をみせた大谷翔平が、今季のエンゼルスでどのように期待されどのように使われるのか、大変興味深いものがあります。

 既成のワクに収まらない桁違いのスケールの大きさ

何しろ、大谷翔平は、小学生時代に120キロのスピードボールを投げ、高校時代には120mのホームランを飛ばしていました。

菊池雄星らを輩出した名門花巻東高校で1年生から中心選手として活躍し、甲子園大会では、大阪桐蔭の藤波晋太郎からホームランを打ったこともあります。

プロ入りしたときはニッポンハム ファイターズで賛否両論、批判的な意見もあったなか、二刀流を貫き、打者としてもホームランを量産、投手としても史上最速の165キロを記録したという型破りな経歴の持ち主なのです。

世間の不安や批判を封じ込めて実績を残していく彼なりの実力証明はメジャーリーグに言ってからも続きます。

日本で実績を残し、投打ともに活躍できる十分な素養をもっていることを裏づける活躍を残していても、球界OBや評論家の間では根強く二刀流に反対する考え方も根強く残っていたのです。

大谷翔平がメジャーリーグに行くことになったとき、二刀流に対する反対論も佳境を迎え、いまだかつて日本人メジャーで二刀流で成功した者はいないとか、メジャーで生き残りより優れたパフォーマンスを発揮するためには、二刀流をやめて打者か投手かどちらかに専門特化すべしという論調がより強くなっていったのです。

日本では、二刀流反対論よりも、二刀流をクリアーしてとてつもない成績を残すという期待論や楽観論が主流だったために二刀流反対論はどちらかというとマイナーで目立たなかったのですが、アメリカのメジャーリーグでは、賛否両論相半ばというところで、二刀流に批判的な球団は最初から大谷に興味を示しませんでした。

しかし、大谷翔平はメジャーリーグ1年目に投打とも活躍をみせ、新人王に輝いて、二刀流でも活躍できることを証明してみせたのです。

今季の大谷にかかる期待と課せられた課題

大谷翔平の所属するロサンゼルス エンゼルスは、昨シーズン5位と低迷し、今シーズンも上位に入るためには未だ課題が多いと言われています。

昨シーズンのエンゼルスの成績は72勝90敗で「この20年で最悪」と酷評されました。

チームの補強ももちろん行われ、打者で打点王のアンソニー・レンドンを獲得したことが最大の成果とされ、打者の補強は見るべき成果があがって、チームを立て直せる選手の獲得に成功しました。

しかし、投手の補強は今一つとされ、大谷の活躍基盤としても、投手としてより多くの期待がかかっているかもしれません。

大谷翔平はトミー・ジョン手術を受けた後のシーズンとして、昨季は打者専門に特化し、106試合に出場して打率0.28、本塁打18本、打点は自己最多の62打点と、新人王がまぐれでない実績を残しています。

エンゼルスの今季の起用法は1月下旬までに明らかにされることになりますが、今季の二刀流の復活は間違いないところで、あとはチームの中でどのような位置づけで起用されるかに焦点が集まるところです。

米紙上でもとりあげられていますが、今期の大谷はパフォーマンスを上げること以上に「健康状態」を維持し、試合に常時出場できるコンディションを維持することが大切とされています。

その観点でみると、投手としては開幕当初から稼働させるのではなく、オールスター後のチーム成績次第で秘密兵器として登場する可能性が指摘されています。

もし、エンゼルスが優勝を争う展開なら、大谷は後半の秘密兵器として投げる可能性が高いことになります。

一方、打者としては昨年を上回る数字を残すことが期待されていて、開幕当初からスタメンに名を連ねて大活躍という展望も考えられるわけです。

いずれにしても、大谷翔平ファンにとっては、眼の離せないシーズンになるのは間違いありません。

まとめ

プロ入りしたときから、桁違いのスケールと身体能力で、世間のどちらかといえばネガティブな評価を封じ込める活躍をみせてきた大谷翔平は今季、二刀流を復活させることになり、どのような起用法になるか注目が集まっています。

トミ-・ジョン手術後のリハビリ期間を終えたシーズンになるため、打者としてはフルシーズンのスタメン出場、投手としては、オールスター後、チーム成績次第で優勝を争う地位にいれば秘密兵器として登場という見通しがあります。

タイトルとURLをコピーしました