声優の勝田久さん逝去!死因は病気?家族と声優学院を調べてみた

ニュース
勝田久さん

声優の勝田久さんが死亡した。

葬儀・告別式は28日行われるが、手塚修の鉄腕アトムでお茶の水博士役を務めた盟友の逝去を惜しむ声が多く、家族や声優学院のことを調べてみた。

勝田久さんの現在と家族

2月21日息を引き取った勝田久さんの死因は老衰で、病に侵されての死去ではなかったということから天寿を全うされたということができる。

勝田久さんに対し心よりご冥福をお祈り申し上げます。

92歳で亡くなられるまで現役引退は高原していなかったため生前の職業である声優を全うされ、声優としてなくなったことになる。

葬儀・告別式は28日(金)11:00から東京都港区南青山2-33-20 青山葬儀所で行われる予定。

喪主は妻の勝美さんが勤める。

ご家族については公表されてる情報があまりなく、息子と娘がいるおとしか分かっていない。

声優学院学院長

更新の指導ン熱心だった勝田久さんは1982年に勝田声優学院を設立し、学院長に就任した。

その間、横山智佐さんはじめ多くの声優を育てたことで知られる。

学院出身者の声で印象に残るのは、とても親切な学院で向いてない人には「向いて内から辞めなさい」と初っ端から助言していたことで、それでもお構いなしに這い上がってくるような人でないと業界で生き抜いていくことはできないと知っていたからだ。

しかし、2015年に勝田久さんが高齢で始動が十分できなくなったことを理由に勝田声優学院を閉校していて、あくまでも筋をきちんと通す人だった。

国民的名作鉄腕アトムのお茶の水博士約をはじめとして、テレビアニメ「ジャングル大帝」のマンディ役、「サスケ」のナレーター約など決して忘れることのできない仕事が記憶に残る。

まとめ

鉄腕アトムのお茶の水博士役の声優勝田久さんが2月21日、老衰のため逝去した。

自ら声優・俳優として大活躍しただけでなく後進の育成にも熱心で勝田声優学院からは多くの声優が生まれた。

タイトルとURLをコピーしました