伝説の家政婦志麻さんとは?沸騰ワードでも披露の人気のノウハウ!

テレビ
タサン志麻

テレビでも人気になってきた伝説の家政婦ことタサン志麻さんが7月24日日テレ系の「沸騰ワード10〕に出演して、惜しみなく自慢のノウハウを披露する。

伝説の家政婦志麻さんとはどこがすごいか普通や常識と違う点にふれ、人気のノウハウを披露した動画をいくつか紹介する。

伝説の家政婦志麻さんとは?

志麻さんが普通の家政婦・料理人と違うところ

志麻さんは輝かしい経歴をお持ちの方でフランス料理のシェフの経験もある方だ。

老舗フランス料理店でオーナーシャフの右腕の経験があって、その後人気フランス料理店で15年の勤務経験も持っている。

しかし、タサン志麻さんの本業は家政婦になっていて、家事代行サービス「タスカジ」に登録しておられるが、「予約の取れない「」という意味で「伝説の家政婦」と呼ばれている。

タスカジには、「つくりおきマイスター」という認定精度があって、志麻さんもその登録者であり何と120分で12品目の料理をつくることが可能だそうである。

1品目あたりに直すと1品目10分でつくることになる。

しかも、志麻さんのすごいところは、その家の冷蔵庫にあるものを使って、即興で何通りもの料理をその場でつくることが可能という点である。

素材でけっして贅沢するわけではなく、それでいてシンプルな素材だけでおしゃれなフレンチ風に仕上げるノウハウなんかもお持ちなのだ。

フランス滞在経験が志麻さんの料理コンセプトの原点

タサン志麻さんは日本とフランスの調理師専門学校に通い、フランスの三ツ星レストランで修業した後、東京のフランス料理の有名店で15年勤務している。

この長いフランス滞在経験で華やかな調理場や豪華な料理を目にするなか、自分の本当に作りたい料理は他にあるという考えが頭をよぎる。

タサン志麻さんが本当に感動した料理とは「家庭料理」だった。

下宿先で出してもらった料理、行きつけのレストランで味わったまかない料理、友達の集まりで食べさせてもらった料理などがいちばん強く心を捉えていたのだ。

決して贅沢ではないがシンプルでも豊かな味わいのある料理こそ自分が求めていた料理、人に提供して喜んでもらいたい料理だと気づいた。

タサン志麻さんにはフランス人の旦那さんがいるが、旦那さんのお母さんの作る料理もとても美味しく、気取らずシンプルなのに豊かな味わいこそフランス料理から志麻さんが引き継いだ料理のコンセプトだった。

忙しい方でも手早く作るのに美味しく味わい豊か、しかも冷蔵庫にある材料だけで、という志麻さん流の満足度を高める料理の提供スタイルはフランスで原点できあがたともいえる。

志麻さんのサプライズを与える心得

まず第1に、その家の家族構成から考えてお好みのもの、嫌いなものを頭においてメニューや調理法を決めていくそうだが、これは簡単なようでいて難しい。

第2に、その家の方が食べたことがなさそうで(そこは多少ヒアリングしてます)、食べてみたら美味しいと喜びそうなメニューを必ずいれることでサプライズを演出する。

第3に、その家の冷蔵庫にある素材だけで簡単に作れる料理をつくり、結果として感動を与えるという心得である。

お金さえかければ、またシェフの使いたい素材を自由に使える前提ならば料理の腕を振るえるという料理人が普通一般的だと思うが、志麻さんの場合は真逆であることが分かる。

志麻さんの沸騰ワードでも披露の人気のノウハウ

タスカジの料理教室の光景を動画で覗いてみたい。

NHKのプロフェッショナル仕事の流儀 はじめ、料理番組で披露した代表的メニュー、ローストビーフの作り方も動画でみてみる。

あくまで、家庭の電子レンジや炊飯器があればできる前提である。

最後に美味しくて極上のおやつの作り方も動画でみていただこう。

まとめ

伝説の家政婦志麻さんとはどのような人物かのイメージが分かるよう、簡単な紹介を兼ねたプロフィールをとりあげた。

また、タサン志麻さんのフランス滞在経験から得た「家庭料理」のような素朴な料理がいまの料理提供スタイルの原点になっている点にもふれた。

話題沸騰でも披露の人気のノウハウを動画でも確認いただけるようにした。

本ブログには、タサン志麻さんについての別記事があるので、よろしければ見に来ていただけると嬉しいです。

「タサン志麻画像とプロフィールや年収は?夫の職業と子供も調査!」

 

タサン志麻 フランス料理の経歴がすごい!旦那と義母からの遺産とは?

タイトルとURLをコピーしました