石澤正芳の経歴・wikiプロフは?メロウがトランチで売れる仕組み?

テレビ
石澤正芳

テレビ東京のドキュメンタリー番組「カンブリア宮殿」では今、「次世代ビジネスの挑戦者たち」というテーマをシリーズで特集しており、10月1日は「売れない時代に売る極意」

メロウ代表の石澤正芳がゲスト出演し、自社のサービストランチを使った「売れる仕組み」を公開する。石澤正芳の経歴とwikiプロフも確認しておきたい。

石澤正芳の経歴・wikiプロフは?

メロウ代表の石澤正芳は個人情報をほとんど公開しておらず、今後明らかになったことは追記してきたい。

最終学歴は法制大学工学部経営工学科を卒業している。

工学部だけに、理数系のセンスを活かした経営のノウハウを大学時代から蓄積したに違いない。

最初の創業は2001年で、GPSを活用した出典位置情報発信によるカフェカー事業を展開

それから起業したのがメロウで、コロナ禍で飲食店が布教に苦しむなか、フードトラックによる移動者でなければできない事業に目をつけ、提供するランチの内容にもバリエーションをもたせて次第に事業規模を大きくしていった。

石澤正芳が創ったトランチというメロウのサービス

売れる仕組み① ニーズマッチのランチ事業

メロウは日本最大級のフードトラック・プラトフォームを創り上げることに成功した。

ビルの空きスペースと個性豊かなフードトラックをマッチングした。

内容的にはシェフのこだわり料理をが気軽に日替わりで楽しめるランチスペースを240スペースで展開して同業他社に差別化を図っている。

売れる仕組み➁ コンサルティング・ソリューション事業

メロウが提供する850店舗のフードトラックと共に、イベントの飲食エリアの運営事業を行っている。

たとえば、音楽フェスなどの大型イベントからスタッフケータリングまで経験豊富なスタッフが相談に乗るというコンサルティング・ソリューションビジネスだ。

メロウのスタッフのサポートを活かしてイベントを成功に導くビジネスでこちらも差別化されていて、これからも不況に強そうなビジネスである。

まとめ

10月1日の「カンブリア宮殿」にゲスト出演するメロウ代表の石澤正芳は、業界の課題にどう着目しどのように売れるシステムを開発していったかの展開が注目に値する。

石澤正芳の経歴・wikiプロフとともに、創業したメロウの「売れる仕組み」とは何かをまとめた。

タイトルとURLをコピーしました