忽滑谷こころのプロフィールや経歴は?インスタ顔画像がかわいい!

テレビ
忽滑谷こころ

各テレビ局の新人アナウンサーも入社後4か月が経ち仕事に慣れ、お茶の間でも知られる存在になってきた頃で、日テレでは、8月3日(月)21:00〜「人生が変わる1分間の深イイ話」で日テレの新人アナの特集番組を予定しています。

入社直後から涙のデビューまでの密着取材で、どのような話題が飛び出すか楽しみだが、ここでは忽滑谷こころさんのプロフィールや経歴をまとめ、インスタ顔画像でかわいい姿を見ていただく。

忽滑谷こころのプロフィールや経歴は?

忽滑谷こころのWiki風プロフィール

忽滑谷こころさんは2020年日テレ入社の女子アナです。

生年月日      1998年2月13日(22歳)

出身        神奈川県川崎市

身長        167㎝

血液型       O型

学歴        聖心女子学院中等科  聖心女子学院高等科

聖心女子大学文学部教育学科

聖心女子大学は有名人・芸能人を多数輩出していますが、皇室では第125代
天皇・明仁の皇后になられた美智子様の出身校です。
カトリック系のミッションスクールです。

趣味        ダンス(3歳〜18歳までクラシックバレーを習った。中学・高校では
ダンス部の活動に没頭していました)

スポーツ(休日はスキー、サーフィン、ヨガ、一輪車、ボクシング等
とにかく体を動かすのが好きです)

特技・資格     TOEIC930点・英検準1級(英語力は相当なものですね)
絵を描くこと(100人分似顔絵を描いて100人の笑顔が見られた経験あり)

忽滑谷こころの信条・モットー・自己PR

<信条・モットー>
「After you」

本来は「お先にどうぞ」という意味の英語ですが、自分よりも周囲を優先することを学んだ
小学校の学年目標でもありました。世界中の人を笑顔にできる「魔法の言葉」ですね。

<自己の特徴>

人の笑った顔が自分の活力になる。 テレビの向こうを明るくする伝え手になりたい

  • 自己PR
  • 大学で所属したラクロス部では、人一倍日に焼けた肌から「煮卵」とあだ名をつけられていました。まだまだ中身は半熟ですが、噛めば噛むほど味が出る煮卵のようなアナウンサーを目指しています。現役時代は、私の放つ球がゴールネットを揺らす瞬間のために汗を流しましたが、今度は私が放った言葉で視聴者の心を揺らせるよう努力します。
  • どんなアナウンサーを志すか?
  • 何事にも挑戦し続けるアナウンサーを志します。スリランカでのボランティア経験や、ラクロスとの出会いを経て、未知の世界に飛び込む楽しさを知りました。より多くのことを、実体験をもとに語れるよう、どんなことにも果敢に挑み続けたいです。サービス精神と明るさを活かし、将来は、24時間テレビの総合司会を任せて頂けるアナウンサーを目指します!

引用元 公式プロフィール

忽滑谷こころの経歴

忽滑谷こころさんは、3歳〜18歳までクラシックバレーを習っていました。

中学。高校ではダンス部に所属していますから、ほぼ成人するまでダンスが生活の一部だったことがよく分かります。

高校時代は、第53回全国高等学校生徒英作文コンクールで入選の経験があります。

大学では、アメリカのシカゴやオーストラリアに短期留学した経歴があります。

また、大学2年のときに、ボランティアでスリランカへ行き、田舎町の小学校で環境問題に関するボランティア活動を行ったことがあります。

大学では、ラクロス部に所属し、聖心女子大学HEARTSの一員でした。

一方で、大学時代に既にアナウンサーを目指し、テレビ朝日のアナウンススクールに通い、そこでオーディションに合格して、大学2年のときからBS朝日の「News Access」やインターネットTVのAbemaTVでキャスターを務めたりしてアナウンサーの仕事を経験しています。

2020年4月にアナウンサーとして日テレに入社します。

忽滑谷こころのインスタ顔画像がかわいい

身長167㎝ 体重は非公開ですが、幼いときからスポーツに親しんでいて、スタイルの良い人です。

忽滑谷こころについてのTwitter投稿から

まとめ

日テレの新人アナウンサーから忽滑谷こころさんをとりあげ、プロフィールや経歴についてまとめ、インスタ顔画像がかわいいので見ていただいた。

8月3日の日テレ「人生が変わる1分間の深イイ話」では新人アナウンサーの特集があり、忽滑谷こころさんもとりあげている。

タイトルとURLをコピーしました