いしだ壱成の現在の収入源と仕事は?生活保護不正受給の真相は?

エンタメ
いしだ壱成

10月8日発売の週刊文春が俳優・いしだ壱成の生活保護不正受給疑惑を報じている。

その一方で、いしだ壱成は10日インスタグラムを更新し、生活保護の不正受給の事実はなく、文春の記事は事実と異なり、名誉棄損にあたると真っ向から反論している。

その真相やいしだ壱成の現在の収入源と仕事も気になりまとめた。

いしだ壱成の現在の収入源と仕事は?

いしだ壱成が3年前に石川県に移住した頃は生活が貧困化し、特に昨年1年間はうつ病を発症して働くこともままならなかった様子。

そこで、生活保護を受けるようになったことは確かである。

しかし、現在は全盛期ほどではないにしても、映画、主演舞台、イベントDJなどの仕事が安定して入ってきている。

本人も生活が安定したため生活保護はもう受けていないという。

また、そうした仕事に加えて、Youtubeのチャンネルも開設して、そちらからの収入もある。

どう考えても現在は生活が困窮しているとは思えない。

ただ一つ指摘できることは、住まいのレベルである。住まいには無頓着なのかもしれないが、いしだ壱成の以前の石川県白山市の住居も家賃2DKで4万円、現在の住まいも2万4千円というランクである。

生活保護の不正受給とか、生活の困窮がささやかれる理由はこの住居のレベルにあるのは間違いない。

いしだ壱成の生活保護不正受給の真相は?

いしだ壱成の生活保護不正受給についての文春報道

文春の報道では、それなりの収入を得るようになってからも生活保護の対象からはずれないように工作を行い、それが不正受給にあたるという指摘である。

「文春」によれば、約3年前に石川県に移住したいしだは、生活が困窮状態にあったといい、妻が働いていたラーメン屋のオーナーに勧められる形で、今年6月から生活保護を受給するようになったという。その後、YouTubeチャンネルで活動を本格化させ、テレビ出演も果たし、それなりの収入を得るようになったものの、生活保護の対象から外れないようにと、YouTubeによる広告収入を、知人の口座に振り込ませるといった“工作”を行っていた疑惑が浮上。

                                       引用元 ライブドアニュース

いしだ壱成の生活保護不正受給についての反論

文春の報道内容に対して、いしだ壱成が名誉棄損にあたり法的措置も辞さないと真っ向から反論している。

いしだ壱成は、生活保護は受けていたが、収入があるようになってからは収入がある度、市役所にはしっかり申告していたという。

収入が安定したため4か月で生活保護は停止させる事が出来た。9月からは社会復帰し、自活している、従って生活保護の不正受給はしていないという。

いずれにせよ、報道内容に現れたお互いのコメントは180度違っており、どちらかが謝りや食い違いを認めない限り、本当に「法的措置」まで行ってしまうかもしれない。

今後の報道内容が注目される。

まとめ

俳優のいしだ壱成が生活保護の不正受給をしているという文春のショッキングな報道があった。

これに対して、いしだ壱成からも真っ向から反論があり、真相は今後の報道で明らかになっていくものと思われる。

ここでは、気になるいしだ壱成の現在の収入源についてもふれた。

 

タイトルとURLをコピーしました