アイデンティティ田島のプリテンダーとは?プロフィールと経歴も!

エンタメ
アイデンティティ田島

声優の野沢雅子のものまねがトレードマークのお笑いコンビ「アイデンティティ」の田島がyoutubeチャンネルにアップしたプリテンダーとは何だったのかを調べた。

また、アイデンティティの田島のプロフィールと経歴について触れてみた。

アイデンティティ田島のプリテンダーとは?

3月25日、アイデンティティの田島はOfficial髭男dismの「Pretender」野沢さんver.をアイデンティティのYouTubeチャンネルにアップした。

おもちゃのピアノを弾きながら野沢雅子になりきって楽曲を歌う田島の姿は、youtube動画で公開されることになった。


動画を公開したところすぐに65万回再生超という大反響だった。

田島はツイートでも告知したところ、1万2千のいいねを集めて、一時ツイッタ-のトレンドに野沢雅子が浮上する大反響となった。

名実ともに声優の代表者野沢雅子のものまねをトレードマークとする野沢の知名度をさらに高めたのがプリテンダーだった。

アイデンティティ田島のプロフィールと経歴

アイデンティティ田島のプロフィール

本名は田島直弥(たじまなおや)

1984年5月11日生まれ 36歳、神奈川県の出身である。

身長は174㎝、体重59㎏ですらっとして見える体型である。

特技はサッカーと絵を描くことというだけあって、少年時代はサッカーに明け暮れた。

また、絵が上手いと良く言われる。

小学校のとき、サッカークラブの祝賀会で、酔っぱらったおじさんの物真似で大受けし、人を笑わせて喜ばせることの快感に目覚めたという。

アイデンティティ田島の経歴

小学校時代にお笑い芸人との接点があったともいえる田島は、高校卒業後、専門学校のアナウンス学院に通い、プロへの道を歩み始める。

そこで、後のアイデンティティの同僚見浦彰彦と出会う。

2004年にコンビを結成した2人はアイデンティティを結成し、ボケ担当の田島直弥とツッコミ担当の見浦彰彦という役割分担ができた。

田島は、声優の大御所、野沢雅子のモノマネがトレードマークとなって、コントでもいつも野沢に変装している。

アイデンティティ田島についてのまとめ

お笑いコンビアイデンティティの田島は、声優の大物野沢雅子のモノマネが代名詞となっている。

そんな野沢の作品プリテンダーは野沢雅子になりきって歌った傑作で、youtube動画で再生され大きな反響を得た。

それと、アイデンティティ田島のプロフィールと経歴にもここで触れてみた。

タイトルとURLをコピーしました