ユースケ・サンタマリアはハーフ?麒麟がくるにイケメン俳優加入

芸能
ユースケ・サンタマリア

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」にイケメン俳優が加わる。

戦国武将朝倉義景約に抜擢されたのが俳優のユースケ・サンタマリアさんで、これまでの出演やプロフィールで気になる情報を調べてみた。

ユースケ・サンタマリアをもっとよく知る

ユースケ・サンタマリアはハーフ?俳優としての素顔

ユースケ・サンタマリアはそのエキゾチックな名前からか二Ⓗン人ではないと思って検索をかける人がいるが、もともと日本人でハーフではない。

彼はデビュ-当時ラテン・ロックバンドの活動をやっており、モンゴ・サンタマリアというロックミュージシャンにちなんで芸名をつけたのでユースケ・サンタマリアとよばれている。

俳優として大ブレークしたのは「踊る大捜査線」である。

時代劇は初めてではないがNHKの大河ドラマは今回初出演となる。

ユースケ・サンタマリアのうつ病・激ヤセ体験と性格

ユースケ・サンタマリアには過去にうつ病を患った病歴があり、もう芸能界で仕事ができなくなるとか首吊り自殺を試みたとかいわれたが、まだ前の奥さんと離婚指定なかった頃うつ病からは立ち直っている。

彼はバラエティー番組では「テキトーキャラ」のイメージで見られていて、人物もテキトーのイメージが先行しているが、実は仕事には厳しく完璧を求めるところがあり、その極端に繊細な感覚と潔癖主義からうつ病が長引き8年間も患っていたことがあって、このときに食べ物を受け付けなくなって激ヤセも体験している。

大河ドラマ麒麟がくるでの役割

「麒麟がくる」での役割は戦国武将、越前の朝倉義景で一癖も二癖もある武将のイメージにマッチした演技ができるか注目されていて、繊細な知将のイメージがうまく演出できればピタリとハマる。

現在も出演中も「駒」こと門脇麦とはテレビドラマで共演の経験があって、自身初の「モテ役」を満喫できたという。

ツイッタ-情報

まとめ

NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」の新キャストが発表され、越前の朝倉義景役にユースケ・サンタマリアの抜擢が決まった。

繊細な性格で朝倉義景の配役を捉えた場合にピタリとハマるキャストになる楽しみがある。

 

タイトルとURLをコピーしました