私の家政夫ナギサさんのドラマ出演者は?ドラマ主題歌はTwice?

芸能

TBS系の火曜日のドラマ「私の家政夫ナギサさん」がいよいよ4月14日から放送開始となる。

魅力あるキャストや実写スタッフ、あらすじ、ドラマ主題歌についても調査してみた。

私の家政夫人ナギサさんのドラマ出演者、実写スタッフ、主題歌

製薬会社のMR(医薬情報担当者)の相原メイ(多部未華子

スーパー家政夫の鴫野ナギサ(大森南朋

メイのライバルで恋の相手の田所優太(瀬戸康史

以上の3人を中心にドラマのスト-リ-は進んでいく。

原作は四ツ原フリコさんのWebコミックで知られる「家政夫のナギサさん」

気になる脚本家はあの「おっさんずラブ」の徳尾浩司さん

演出はTBSの大ヒットドラマに係わってきた坪井敏雄さんと山本剛義さんの2人

主題歌については、ドラマの紹介動画でTwiceのHappy Happyが流れたが、実はあいみょんさんの「裸の心」に決定した。
<

私の家政夫人ナギサさんのあらすじ

製薬会社のMR相原メイ(多部未華子は仕事はバリバリやり、営業成績トップなのに家事は全くダメなアラサー女子だった。

28歳の誕生日の夜、もう一人の主人公でもある家政夫の鴫野ナギサ(大森南朋)が現れて、あるきっかけからメイの家で雇われ家事を全部受け持つようになる。

最初は「おじさん」との同居はまっぴらだと思っていたメイだったが、家事全てを完璧にこなすナギサの仕事に次第に心を動かされるようになる。

子供の頃夢見たあたたかい家庭のぬくもりを思い出していることにメイは気づく。

一方、仕事ではライバル製薬会社のMR田所優太(瀬戸康史)が現れ、メイは営業NO1の地位を脅かされ、対抗心と警戒心をあらわにするが、生来の人たらしでイケメンの田所はメイに急接近する。

仕事のことでも自分のことでも悩み多くストレスもたまりがちなメイを家政夫が癒していく。

ナギサの包容力と優しさでメイに心の余裕が生まれ、恋愛や結婚、自分の将来のことなどに次第にメイが向き合うようになる。

私の家政夫人ナギサさんについてTwitter投稿から

まとめ

TBS系で4月14日(火)放送開始の「私の家政夫ナギサさん」のキャスト、実写スタッフ、主題歌、あらすじについてまとめた。

「オッサンズラブ」で知られる徳尾浩司さんの脚本であることから、どのようなラブコメをしんてんさせてくれるか、とても楽しみである。

タイトルとURLをコピーしました