菊池涼介デキ婚で極秘入籍した嫁がCAのA子さんだった理由とは?

スポーツ
菊池涼介

広島カープの名二塁手菊池涼介選手が昨年秋に結婚入籍していた事実が明らかになった。

結婚相手に選ばれたのはCAのA子さんだったのは確かな理由があり、それを明らかにしていく。

結婚はデキ婚だから入籍は極秘になってしまった!

球団関係者の間でも少数の人しか知らなかった菊池選手の結婚の話し!

実は昨年の10月には入籍していたという。

相手はA子さんという九州出身のCAで語学の堪能な女性、またロングヘアで見た感じ、北川景子似の美女だと言われている。

出会いは食事会で意気投合したことで、すなわち合コンということになる。

昨年の夏にはA子さんがオメデタになり、10月に入籍しているから、これってすなわち「デキ婚」ということになる。

だから、正式な結婚発表もなく、ましてや記者会見もなく極秘のうちに万事進められる必要があったのだ。

嫁はメジャー挑戦の夢を共有できる相手でなければならなかった!

嫁はA子さんでなければならなかった理由

菊池涼介選手はカープの二塁手でゴールデングラブ賞を7度もとった名手であり、その軽快にして華麗な守備はまさに「忍者」という言葉がぴったりである。

守備の名手という点ではステータスとして日本では頂点を極めたと言っても良い。

当然メジャー挑戦も菊池の視界に入っていたはずなのだが、メジャーの評価と言う点では今一歩、打撃というもう一つの壁を乗り越えることができず、メジャーからの評価が定まらないままメジャー挑戦を諦め、広島カープ残留を決断した。

入籍した10月と言えば、菊池がメジャー挑戦を表明した時期と重なり、夢がかなえば当然一緒にアメリカへ行くことになる、その相手としてCAで語学堪能なA子さんは適任だったことだろう。

惜しくもメジャー挑戦の夢は事実上断念することになったわけだが、その夢を語り、或いはその夢がかなわなかったとしても菊池の感情に共感し癒す相手としてA子さん以外に考えられなかったことだろう。

菊池にとってメジャー挑戦の夢を共有できる相手でなければならなかった。

もう一人の候補者は?

菊池涼介がA子さんとつきあう前までは、本命といわれた女性がもう一人いた。

広島ホームテレビアナウンサーの大重麻衣さんが本命と目されていて、こちらの方は比較的ロングランでうわさになった人物だから「アレッ!」と思って意表を突かれた人も多かったのでは?

しかし、入籍したのは元キャビンアテンダントだったから、真相は大重さんが本命ではなかったことになる。

ツイッタ-上の反応

まとめ

広島カープの菊池涼介が実は結婚・入籍していたことが明らかになった。

結婚相手のA子さんは語学堪能なCAで交際期間は1年以上、入籍した時期は菊池選手がメジャー挑戦を表明したときで、菊池にとってはメジャー挑戦の夢を共有できる相手だったことが分かる。

 

タイトルとURLをコピーしました