鷹野日南(ひなちょす)の本当の死亡原因は?直近のツイッタ-がやばい!

エンタメ
鷹野日南(ひなちょす)

イドルグループ「KissBee」初代リーダーである鷹野日南(ひなちょす)の突然の訃報が報道されて、ネット上が騒然となっている。

鷹野日南(ひなちょす)の死因については色々と取りざたされているが、本当の死亡理由は何なのか、また直近のツイッタ-の内容が暗示するものが本当の死因を証言するやばい発信といえないか調べてみた。

鷹野日南(ひなちょす)の本当の死亡原因は?

鷹野日南(ひなちょす)の本当の死因は未だ明らかにされていない。

所属事務所も事態を明らかにし、死因を特定できないなか、ツイッタ-のコメントを残してSNSが最後の分かれの場となってしまったことは、プロレスラーの木村花のケースとダブって見えてしまう。

そこでささやかれるのが誹謗中傷説でそれが大きな原因と考える見方がネット上にできている。

直近のツイッタ-に残したコメントをヒントに、誹謗中傷説が出てくる一方、KissBeeのWikipediaを根拠にコロナ感染死亡説、さらに飛び降り自殺説も出てきているのが現実だ。

いくつかの死因が特定されるなかで本当の死因は何が有力なのか分析してみたい。

鷹野日南(ひなちょす)の直近のツイッタ-がやばい!

鷹野日南(ひなちょす)の死亡原因:誹謗中傷説

これは5月27日時点のひなちょすのツイッタ-の投稿だが、本人の投稿SNSで「誹謗中傷」の書き込みが見て取れるもので、この投稿からは誹謗中傷に原因を特定してもおかしくはない。

鷹野日南(ひなちょす)の死亡原因:自殺説

これが死亡前の元も直近のツイッタ-投稿で、この内容を「遺書」としてとらえ、「自殺」と特定する見解があり、また特定できないとしても「自ら命を絶つ前の最後のあいさつ」とも読み取れる意味深な内容とも受け取れる。

「自殺」の前提としては精神的に病んでいたからとする考え方もある。

鷹野日南(ひなちょす)の死亡原因:コロナ感染死

鷹野日南(ひなちょす)の訃報が報じられた直後に死因はコロナウイルス感染に伴う感染死とWikipedieaに記載されていた。

このことから、死因=コロナ感染死とみる向きが一時あったが、その後この項目は削除されているため、また、Wikipediea自体はいつでも書き換えが効くため、今となっては根拠のないデマという意見が有力だ。

鷹野日南(ひなちょす)の死亡原因:飛び降り自殺

5chでは、事務所ビルから飛び降り自殺という情報が寄せられている。

しかし、これを裏付け、確かに飛び降りたのか、そして飛び降りた人物が鷹野日南(ひなちょす)だったのかを裏づける証拠が一切なく、根拠のない憶測の域を出ない。

事務所からもコメントがなく、単なるデマと考えられている。

鷹野日南(ひなちょす)についてのTwitter投稿から

まとめ

鷹野日南(ひなちょす)の突然の訃報はショッキングで世間を騒然とさせた。

死因についても複数の死因が取り沙汰されているが、鷹野日南(ひなちょす)の本当の死亡原因を特定するのは容易ではなく、未だはっきりわかっていない。

直近のツイッタ-は直接のヒントを与えてくれるやばい内容を含み、誹謗中傷説、自殺説があり、また外部からはコロナ感染死、飛び降り自殺といった情報が寄せられたが、これらは根拠に乏しい。

タイトルとURLをコピーしました