グラミー賞ビリー・アイリッシュMステ初出演!「バッドガイ」のプロフは?

エンタメ
ビリー・アイリッシュ

12月25日㈮の「ミュージックステーション」はウルトラSUPER LIVE 2020として6時間超の特別番組となり、見どころも多い。

中でも注目は、日本でもヒットしたグラミー賞受賞ビリー・アイリッシュのリモート出演である。

Mステ初出演となるビリー・アイリッシュの楽曲「バッドガイ」のYoutube動画とプロフをまとめた。

グラミー賞ビリー・アイリッシュMステ初出演!

2020年の「第62回グラミー賞」にて、39年ぶり、史上2人目、女性初、最年少18歳で主要4部門を独占、合計5冠に輝いたビリー・アイリッシュが12月25日「ミュージックステーション」に出演することが決定している。

ビリーが日本のテレビでパフォーマンスを披露するのはこれが初めてとなる。

2020年はコロナ渦にもかかわらず、オンラインコンサートにも成功し、代表曲「bad guy」がYouTubeで再生回数10億回を突破するなど、精力的に活動し話題を提供している。

今までも、インタビューでのテレビ出演はあったが、パフォーマンスを披露するのは今回のMステが初めてで、ロサンゼルスからのリモート出演となる。

今年2月には映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌「No Time To Die」、7月には「my future」、11月には「Therefore I Am」とシングルをリリースしている。

ビリー・アイリッシュの「バッドガイ」のプロフは?

ビリー・アイリッシュの「bad guy」が、IFPI(国際レコード産業協会)によって2019年全世界で最も売れたシングル“Biggest Global Single of 2019”に認定された。

ビリー・アイリッシュのデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』からの5枚目のシングルとなる「bad guy」はアメリカ、オーストラリア、カナダを含む世界15ヶ国で1位を獲得し、フランスやドイツ、イギリスなど世界20ヶ国以上でTOP5入りを記録した。

さらに、2020年の第62回グラミー賞では同シングルが“最優秀レコード賞”と“最優秀楽曲賞”のW受賞(ビリー本人としては5冠)を果たし、MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードにおいても“最優秀楽曲賞”を受賞している。

10代のカリスマとも呼ばれるビリーは、ビリー独特の「内面の醜さ」をさらけだすパフォーマンスで若者の共感を得ている。

ユニークでおしゃれなファッションのセンスも注目され、日本でも人気絶大であり、ビリーのMステ初出演は、Twitterでも話題を集めている。

まとめ

12月25日Mステに出演が決定しているビリー・アイリッシュの日本での初となるパフォーマンスが注目されている。

Mステでも披露されるビリー・アイリッシュの楽曲「バッドガイ」のYoutube動画とプロフをまとめた。

タイトルとURLをコピーしました