マット化できるアプリビューティプラス大人気とMattの今の悩み

芸能

最近写真のアプリを通じて「マットになる」ことが大流行していて、「マット化」の人気の証しにもなっている。

しかし、当のMattはいま大きな悩みを抱えているので、その真相に迫ってみた。

マット化できるアプリ「ビューティプラス」とは!

Mattのように可愛く美しくなる、メイクして外見をMattそっくりにすることを「マット化」といっている。

また、男子なのにメイクに時間をかける、或いは女っぽく振る舞って可愛さを演出することも「Matt化」という言葉の範ちゅうに入るかも知れない。

最近流行しているビューティプラスというカメラのアプリを使えば「Mattになれる」と評判である。

アプリの一覧にある天使姿のMattのアイコンをポチッと押すと、写真に写る人物の顔がMattのイメージに返信するというアプリで、これを使って色んな人の顔をMattに変えてみて楽しむことが大流行しているのだ。

そんなアプリが流行すること自体、Mattの人気上昇、マット化の流行を物語っていてけっこうなことだと思うのだが、全て順風満帆にはいかないもので、いまのMattを悩ませている大きな問題があるのだ。

Mattが現在抱える大きな悩みとは!

父桑田真澄氏の知人女性でMattにとっては恩人ともいえる人物を巡るトラブルらしい。

Mattにブライダルモデルの仕事を紹介したり、芸能プロダクションに紹介してくれたりしたというから、その人物なしでは今の芸能活動は考えられないほどの恩人であることは事実だ。

しかし、お世話になっていた当時から言い出せばまだしも数年たったいま数百万の請求書が届き、既にMattの側では弁護士を立てる問題に発展している。

その女性とはあまり付き合わない方が良いという知人のアドバイスから、仲が疎遠になったことがネックになっているかもしれないが、今になって過去の問題を蒸し返されたあげく、もう終わったことについて今更請求書まで届いて、Mattは人間不信に陥りそうなのだ。

父真澄氏の知人であることから、今後真澄氏も巻き込んだ問題に発展していくのか予断を許さない。

ツイッタ-の投稿から

まとめ

Mattの人気は「マット化」や「マット化現象」という言葉を大流行させ、最近ではマットのような顔になれるカメラのアプリまで大人気になっている。

一方でMattは父真澄氏の知人でなおかつ恩人でもある女性との金銭トラブルでもめている。

タイトルとURLをコピーしました