大坪誠(アスカネット開発者)のwikiプロフと経歴は?情熱大陸出演!

テレビ
大坪誠

10月25日(日)TBSの「情熱大陸」に大坪誠が出演する。

アスカネットという空中ディスプレイの開発者であり、技術者として妥協を許さない姿勢と探求心が生んだ偉大なシステムの背景にせまる。

ここでは、アスカネット開発者としての大坪誠のwikiプロフと経歴をまとめた。

大坪誠(アスカネット開発者)が「情熱大陸」出演

10月25日(日)の「情熱大陸」に大坪誠が出演する。

2020年コロナ禍で感染防止の観点から、タッチパネルに直接触れることなくチケット類が買えたらという動機が大きな技術開発につながった。

大坪誠が開発した特殊な「3Dプレート」を使えばそれが可能になり、アスカネットと呼ばれる空中ディスプレイの技術は既に実用段階に達しているという。

企業秘密だらけの工場で若いスタッフたちと奮闘する65歳の大坪誠の飽くなき探求心と夢を追う番組である。

大坪誠(アスカネット開発者)のwikiプロフと経歴は?

大坪誠は1955年長崎県五島市生まれ(65歳) 五島列島の豊かな自然のなかで育つ

技術者だった父の影響を受け、大学でも技術系に進学。鉄鋼関係エンジニアリング会社で電子部品関係の開発に携わる。

探求心が豊かで妥協を許さずとことん考え実行する性格。次々と特許技術を開発し、3D関係のベンチャーを起業。空中結像技術の開発を開始。

2011年この技術を実用化するために、大手印刷会社からの誘いを断り、広島で新たな技術開発に意欲的に取り組もうとしていたアスカネットで空中ディスプレイの実用化に成功する。コロナ時代に、感染防止に有効な非接触技術として内外の注目を集めることとなった。

かつて事業に大失敗し何もかも失ったという大坪誠は目下一人暮らし

年齢は65歳であっても、頭の中にはまだまだ実用化されたら「特許」以上の大きな発明につながるネタが眠っていて、飽くなき探求心の青年の志を忘れていない。

まとめ

10月25日(日)「情熱大陸」に大坪誠が出演し、アスカネットという空中ディスプレイのシステムの偉大さと開発に至る背景、大坪誠の妥協を許さない飽くなき探求心などに密着した番組となる。

大坪誠のwikiプロフと経歴をまとめた。

タイトルとURLをコピーしました