Matt桑田の顔は人形のように整っていても素顔は精神疾患!

芸能

様々な肩書とプロフィールをもつMatt桑田はいま上昇気流に乗っているマルチタレントだが、あまりにも整い過ぎた顔は本当の顔なのか、整形していないかなど様々な憶測を呼んできた。

そこで真相はどうなのか調べてみた。

人間ばなれした完成度の高い顔の実像は?

整形しているのか?

インスタにも数多く投稿されたマネキンのような整った顔は、あまりにも人間ばなれしているために様々な憶測も呼んでいる。

その一つが「整形している」という噂で、父親や兄と比べて顔の輪郭や骨相が違う点や、本人自身の時系列での顔の変遷を根拠に整形しなければ今の顔はないという説は有力である。

しかし、Matt桑田自身は整形をきっぱり否定していて、毎朝3時間かけてメ-クをすること、美容岱に尽き20万かけていることなど、メンテナンスによる効果であると強調する。

精神疾患なのか?

一方で、精神的に病んでいてまともではない、精神疾患であるという噂もある。

その根拠として7種類もの美容のための製品や医薬品を使っており、父の真澄さんからも「ネットショップでの大量まとめ買いは止めてほしい」と意見されている。

別の見方としては、美意識が高すぎる潔癖症で、美容中毒であるとする説で、精神疾患ではなくて一種の「おたく」であり、「美容中毒」と位置づける見方である。

Matt桑田自身は、ドール肌という、つやつやできめ細かな芸術的な肌を目指しており、そのことを一途に打ち込む芸術家肌とみるか、精神的にまともでないとみるかで評価も異なってくる。

現在のMatt桑田の仕事に悪影響が出たり、仕事に支障をきたす事実が出てこない限り、外見からだけで精神疾患と断定するのは早計である。

ミュージシャンとしてステージを上げていく一年に

いまのMatt桑田は明確な目標をもっている。

父真澄氏と同じステージに立ちたいとして、東京ドームでミュージシャンとして共同公演する夢をもっているのだ。

これまでもイベントで父の応援に東京ドームに駆け付けたことはあったが、今度はミュージシャンとしてこれまでとは次元が異なった主役として出たいのである。

まとめ

Matt桑田はあまりにも人間ばなれした顔立ちから、整形だとか、精神疾患だとか様々な憶測を呼んできたが、芸術家のように一途に顔のメンテナンスを行っていることを則精神疾患と決めつけるのは早計である。

いまのMatt桑田はミュージシャンとして上昇気流にのっていて、父真澄氏と同じ東京ドームでの講演をする夢に向かって躍動している。

タイトルとURLをコピーしました